高尾の豆知識 


  


 高尾山縁起によれば、ここを開いたのは遠く聖武天皇の時代にさかのぼるらしい。

 この時代は、日本古代史の中で最も華やかな奈良時代であり、奈良の都には東大寺の大佛殿などが造営され、日本全国六十余州の各々の国には、国分寺が建立された。

 真言宗智山派大本山である高尾山薬王院は、奈良時代の天平十六年(744)に聖武天皇の勅命を受け、東大寺大仏の建立の悲願のため諸国に国分寺造営を命じた天皇の願いを達成すべく薬師の像を刻んだ行基菩薩が東国鎮護の祈願寺として、道を開いたと言われている。



4-8.講


 高尾山薬王院への参拝は、古くから多くの「講」が作られ、この講中によって代々信仰が受け継がれていきました。江戸中期には講中登山の流行が起きました。大山詣りがそれです。もともと我が国には山岳信仰がありました。天狗信仰の大雄山、迦葉山などとともに関東九山の一つとして、高尾山の講中は100を超えると言われていました。

 しかし講中の最たるのものはやはり「富士講中」でしょう。高尾山薬王院の記録によると室町時代に富士浅間神社を勧請したとの記録、つまりは富士山のご祭神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)にご出張願ったとの記録があります。
 それは、遠く富士山まで行かずとも高尾山にお参りすれば同じご利益があるというものです。高尾山の名の由来そのものが、高天ヶ原(タカマガハラ)、つまり富士山から遠く連なる山々の「尾」にあたるところから「高尾山」と呼ばれるようになったという説からも富士山と高尾山の密接な関係が窺い知れますね。

 ところで、高尾山薬王院から甲州街道の小仏峠に通じる道を昔は「富士道」といっていましたが今は廃道となってところどころにしかその面影をみることはできません。富士信仰の人々がこの霊峰を仰ぎ見ることのできる高尾の富士浅間神社を目指して通った道です。

 また江戸末期から明治にかけては、高尾山護摩講が作られたくさんの信心深い人々が薬王院に参拝しました。また江戸町民による百味を奉納する「百味講」や東京吉原の鳶職によって高尾山参詣講として行われ、八王子の鳶職がこれを受けて続けるようになったといわれる「高尾山永久お花講」等からも高尾山の講の多さを物語っていると思われます。薬王院によれが、現在の高尾山の講は約500、参拝集団としては800を超えているということです。


 



>豆知識目次に戻る


» ホームに戻る


高尾の豆知識

  • 高尾の豆知識