高尾の豆知識 


  


 高尾山縁起によれば、ここを開いたのは遠く聖武天皇の時代にさかのぼるらしい。

 この時代は、日本古代史の中で最も華やかな奈良時代であり、奈良の都には東大寺の大佛殿などが造営され、日本全国六十余州の各々の国には、国分寺が建立された。

 真言宗智山派大本山である高尾山薬王院は、奈良時代の天平十六年(744)に聖武天皇の勅命を受け、東大寺大仏の建立の悲願のため諸国に国分寺造営を命じた天皇の願いを達成すべく薬師の像を刻んだ行基菩薩が東国鎮護の祈願寺として、道を開いたと言われている。



3-20.つもり違い10ヶ条


 

  
 薬王院への参道の両側にある杉の苗木の奉納者名の板に混じって、何やら意味の深いお言葉を発見しました。

 うん~んとうならせる含蓄のある言葉に、妙に納得してしまいます。いかにそれを並べてみました。さて、カッコに入る言葉を当ててみてください。自分の胸に手を当てながら.........





                    

その一、高いつもりで 低いのは  
その二、低いつもりで 高いのは  
その三、深いつもりで 浅いのは  
その四 浅いつもりで 深いのは  
その五、厚いつもりで 薄いのは  
その六、薄いつもりで 厚いのは  
その七、強いつもりで 弱いのは  
その八、弱いつもりで 強いのは  
その九、多いつもりで 少いのは  
その十、少いつもりで 多いのは  




>豆知識目次に戻る



» ホームに戻る


高尾の豆知識

  • 高尾の豆知識