高尾の豆知識 


  


 高尾山縁起によれば、ここを開いたのは遠く聖武天皇の時代にさかのぼるらしい。

 この時代は、日本古代史の中で最も華やかな奈良時代であり、奈良の都には東大寺の大佛殿などが造営され、日本全国六十余州の各々の国には、国分寺が建立された。

 真言宗智山派大本山である高尾山薬王院は、奈良時代の天平十六年(744)に聖武天皇の勅命を受け、東大寺大仏の建立の悲願のため諸国に国分寺造営を命じた天皇の願いを達成すべく薬師の像を刻んだ行基菩薩が東国鎮護の祈願寺として、道を開いたと言われている。



3-12.陣場山と陣馬山 どっちがホント


 現在、ほとんどの地図やパンフレットでは「陣馬山」を用いていますが、本来は「陣場山」が正当だと言われています。

 しかしながら1950年後半に京王帝都電鉄がこの地を観光地としてPR始めた折、登山家の岡部一彦氏が助言し、陣バ高原とネーミング、そのとき宣伝効果上バの字に馬をあてたのが始まりとされています。

 以来陣馬高原の名が定着したものです。しかし都立公園名では「陣場」があてられ、また地元でも「陣場」を用いる人が多いようです。





>豆知識目次に戻る



» ホームに戻る


高尾の豆知識

  • 高尾の豆知識