高尾の豆知識 


  


 高尾山縁起によれば、ここを開いたのは遠く聖武天皇の時代にさかのぼるらしい。

 この時代は、日本古代史の中で最も華やかな奈良時代であり、奈良の都には東大寺の大佛殿などが造営され、日本全国六十余州の各々の国には、国分寺が建立された。

 真言宗智山派大本山である高尾山薬王院は、奈良時代の天平十六年(744)に聖武天皇の勅命を受け、東大寺大仏の建立の悲願のため諸国に国分寺造営を命じた天皇の願いを達成すべく薬師の像を刻んだ行基菩薩が東国鎮護の祈願寺として、道を開いたと言われている。



2-24.幻のオリンピック


 お稲荷さんを安置した祠があるところから名付けられた高尾山散策路のひとつ「稲荷山コース」は隠れた歴史が残るコースでもあります。                  

 昭和14年に東京でオリンピックの開催が決まり、高尾山も観光地として多くの外国人観光客がやってくるだろうと見込まれた。そこで東京都は、ほぼ2年の歳月をかけて新観光コースとして整備したのです。しかしながら時代はやがて戦争色濃く東京オリンピックも幻のオリンピックとなったのです。




>豆知識目次に戻る



» ホームに戻る


高尾の豆知識

  • 高尾の豆知識