高尾観光案内


  

高尾山のみどころ

 

 ミシュラン三ツ星獲得以来、人気が高まる一方の“高尾山”。若者の間で登山がブームになるなど、ますます登山者の増加が期待されている。都心から西へ約50km、新宿からは京王線特急で最速47分。首都圏からのアクセスの良さ恵まれた高尾山は、群馬県、埼玉県から山梨県まで連なる関東山地の東南に位置しています。 これほど都心から近い場所ながら、一日たっぷり山歩きができ自然と親しめるのも高尾山の魅力の1つです。

 山頂近くへのアクセスは、清滝駅から高尾山駅間の約1kmを5分程度で結ぶケーブルカーとリフトもあるため日頃体力不足をお嘆きの方々も大丈夫。ゆらりゆらりと山腹の緑を愛でながらの観光にも最適です。

 暖温帯系の照葉樹林帯、冷温帯系の落葉広葉樹林、中間温帯林の境界に位置するため、カシなどの常緑広葉樹から、ブナ・イヌブナ・ナラ・ホオノキなどの落葉樹林、モミ・ツガなどの針葉樹林と幅広く楽しむことができます。そして、なんと高尾山には153科約1600種の植物が自生しています。ここで見つかり命名された固有種は65種もあるのです。たとえばホウチャクソウとチゴユリの自然交配で生まれたホウチャクチゴユリ、触るとレモンの香りがするレモンエゴマ、高尾の名を冠したタカオスミレなどなど。

 高尾山は、四季を通して様々な顔をみせてくれます。春の山桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬景色の参道・・・・どれも素晴らしい高尾山の顔です。
 この自然にもっとも触れることのできる登山口からは3つの登山ルートがあり、いずれの道も1時間30分程で山頂に達することができます。そして高尾山を周回する自然研究路というハイキングコースもテーマ別にいくつかに分かれているので、お好みと体力に合わせて選んでみましょう。体力に自信のある方には、山頂から続く山道を尾根づたいに歩き、城山、景信山、陣馬山まで足をのばすコースもお勧めです.。

 ところで、高尾山は2008年には、冒頭にも記載したように「ミシュラン・ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」というフランス語で書かれた日本旅行ガイドにおいて、観光地として三ツ星をとったのです。富士山、松島、日光、京都、奈良といった有名観光地とともに高尾山が三ツ星をとった理由は、東京都心から約50kmという場所にありながら、高尾山には冷温帯から暖温帯の木々からなる美しい林が広がっているという自然環境面が評価されたからなのです。

それでは、早速そんな高尾山の魅力を紹介していきましょう。



高尾山を歩く

高尾山周辺を歩く

高尾で食べる

高尾をさらに楽しむために




高尾山に関連するリンク




» ホームに戻る