花粉症とは
花粉症のメカニズム
こころがまえ
予防対策
花粉症治療
鍼灸治療
つぼ治療
薬治療
外科的治療
ためしてみよう
花粉症グッズ
乳酸菌
凍頂烏龍茶
甜茶
アロマ
ハーブ
キムチ
バナジウム
コエンザイム
杉の葉茶
青汁
黒酢
緑茶
にがり
めかぶ
シジュウム
アガリクス
わさび
サジー
ポリフェノール
サプリメント
ノニジュース
プロポリス
シソの葉
花梨
塩の番茶
おろししょうが湯
どくだみ
クロレラ
はとむぎ茶
柿の葉茶
べにふうき
花粉症あれこれ
空気清浄機
花粉症対策本
花粉症対策ショップ




 「ためしてみよう 花粉症対策」は、毎年この季節が近づいてくると憂鬱になるあなたのために花粉症を徹底研究。その対策をご紹介します。




薬で治療

 花粉症と診断された場合、まず、薬物療法が選択されるケースが多いでしょう。予防的に使うと効果の高い薬、既に出ている症状を抑える薬、点鼻薬、点眼薬など、それぞれ症状に合わせて使用が考慮されます。
 予防的治療でも、対症療法でも、自分に適した治療薬を飲みましょう。街の薬屋さんで買える薬は、一般に副作用のないように、また誰にでも使えるようにと、薬の成分が配合されていて、量も少なめになっています。かと思うと、眠気などの副作用を起こす古いタイプの抗ヒスタミン剤が入っています。

 以下の花粉症に効くといわれている薬について一般論としてご説明します。尚、あくまでこれらはご参考にとどめてください。薬の使用については、不明な点は、独断で行わず、医師の指示にしたがってください。

  花粉症の治療薬は、眠気・口渇などの副作用がありその発現や強さは人によって非常に差があります。 数ヶ月間に渡って服用することになるので一度処方された薬が合わないからとあきらめずに、副作用の状況などを医師に伝えて自分にあった薬を見つけることが大切です。


抗アレルギー薬

 スギなどの花粉症において、今のところ一番使われている薬で、「肥満細胞の中でヒスタミンなどの科学伝達物質が作られるのを阻害」「できてしまったヒスタミンが肥満細胞から放出されるのを阻害」「それでも出てきた場合、ヒスタミンが末梢神経に近づくのを阻害」といった働きをして、花粉症の症状全体を和らげ効果があるといわれています。

 内服薬の他、鼻や眼がツライとき局所的に使う点鼻薬と点眼薬もあります。抗アレルギー薬は花粉が本格的に飛散する2週間前からの服用が効果的です。早目に医師の診察を受け薬の服用を開始することが、花粉症の発症を遅らせて大量飛散時期の症状を軽くするために大切です。軽い花粉症の場合は、基本的に抗アレルギー薬を服用。症状がひどい時のみ即効性のある第一世代抗ヒスタミン剤を頓服で服用することもあります。

 飲み始めた薬が吸収され、鼻や眼の肥満細胞に十分作用するには時間がかかり、効果が現れるまで2週間は必要といわれています。その後、効果はだんだん高まっていき、花粉飛散数のピーク時にはキツイ状況になるのを抑えられるはずです。たとえ発症しても、軽くすみやすいのです。

 抗アレルギー薬が花粉症対策の一番の薬にあげられている理由は、比較的副作用が少なく安全性が高いということからきています。長期間服用すると胃腸・肝障害などが起こることもあるが、特に花粉症の場合は、長くても3〜4ヵ月の期間限定の服用なので、ほとんど副作用はないと言われています。

抗ヒスタミン薬

 くしゃみ、鼻水、かゆみなどのひどいときは、一般に抗ヒスタミン薬を用いて症状を抑える。そもそも、くしゃみや鼻水は、肥満細胞から出た科学伝達物質のヒスタミンなどが末梢神経に近づき「花粉が来た」ことを知らせ、それが脳に伝わって、初めてが出るもの。そこで、抗ヒスタミン薬はヒスタミンに先回りして末梢神経に密着し、ヒスタミンが近づくのをジャマします。こうなると「花粉が来た」との信号が脳にいかないので、脳からも、くしゃみ、鼻水を出す命令が出ないというようになります。

 速効性はあるもですが、鼻づまりと重度の症状には、あまり効果が期待できません。鼻炎薬(内服薬)や点鼻薬、点眼薬など色々な種類があります。抗ヒスタミン薬は、速効性に優れていることから、くしゃみ、鼻水、かゆみなどで、生活に支障があり、鎮静化させたいときに使うことが多いのです。

 しかし副作用を考えると、基本的には、抗アレルギー薬を服用し、その「お助け係」として時々、点鼻薬、目薬などで用いるようにしたい。内服用の抗アレルギー薬の中に、既に抗ヒスタミンが含まれているものもあるので、更に抗ヒスタミンの点鼻薬、目薬を使用しても大丈夫か聞いておこう。一般的な副作用として、ボーっとしたり、とても眠くなる、ダルい、口が乾く、胃腸の具合が悪くなるなどがある。

ステロイド剤

 異物を認識し、それを追い出す免疫機能そのものを抑制するので、激しい花粉症でも劇的に症状が抑えられます。鼻水・くしゃみ・鼻詰まりなどの症状がひどい場合には、抗アレルギー薬を基本的に服用し、大量に飛散している時には局所ステロイド薬(点鼻薬)を併用します。内服のステロイド薬(セレスタミンを含む)は、本当に症状の重い時期のみ2週間を限度としそれ以上は服用しないことが重要です。また、漢方薬も体質改善や症状を和らげる目的で使用されることがあります。使い始めて3日以内に効果が現われるようです。

 しかしステロイド剤を使用している間は、鼻水や涙で外に出されていた他のアレルギー物質も、身体に侵入します。いくら効くからといって、ステロイド剤で抑えることばかりしていると、他のアレルギーを併発する可能性もあるようです。花粉症で「もう、どうにも生活できない」という、ひどい症状のときに内服薬や注射で使用され、実際劇的に効くのです。しかし、長い間使うと副作用が出やすいため、基本的には、なるべく使わないのが賢明です。

 そのためにも、症状が軽いうちに抗アレルギー薬で対処しておく。あるいは、内服や注射ではなく、なるべくステロイド点鼻薬・点眼薬で局所的に使用することが必要です。これならば、身体の中に吸収されにくく、されたとしてもすぐに分解されるため、効力が強い割に、全身的な副作用は、ほとんどない。ステロイド剤は、短い期間で量を少なく使うのであれば、安全な薬だが、副作用には要注意です。使う量や期間が問題なのです。きちんと医師の指導を受け、正しい使い方をすることで、副作用を回避できます。

PR
あきらめていた鼻炎、花粉症の不快感スッキリ!送料無料!超お得!大人気商品!!鼻スッキリク...




        

 今や国民病とまで言われるほど患者が増えている「花粉症」ですが、日本で初めて花粉症が発見されたのは、以外に遅く約40年前の1961年、アメリカから渡ってきた外来種の植物・ブタクサの花粉だったといいます。
 また、スギ花粉症については、それから遅れること2年の1963年、日光で初めて報告されたのです。 ところが発見されるやいなや、あっという間に患者は急増し、1996年には、なんと日本人の10人に一人の割合である、1200万人いると言われているのです。





 
Copyright(C)2010 TAKAOSAN.INFO All Rights Reserved.