花粉症とは
花粉症のメカニズム
こころがまえ
予防対策
花粉症治療
鍼灸治療
つぼ治療
薬治療
外科的治療
ためしてみよう
花粉症グッズ
乳酸菌
凍頂烏龍茶
甜茶
アロマ
ハーブ
キムチ
バナジウム
コエンザイム
杉の葉茶
青汁
黒酢
緑茶
にがり
めかぶ
シジュウム
アガリクス
わさび
サジー
ポリフェノール
サプリメント
ノニジュース
プロポリス
シソの葉
花梨
塩の番茶
おろししょうが湯
どくだみ
クロレラ
はとむぎ茶
柿の葉茶
べにふうき
花粉症あれこれ
空気清浄機
花粉症対策本
花粉症対策ショップ




 「ためしてみよう 花粉症対策」は、毎年この季節が近づいてくると憂鬱になるあなたのために花粉症を徹底研究。その対策をご紹介します。




クロレラで花粉症対策

 クロレラは地球に生命が誕生して数億年を経た、ほぼ30億年以上も前から棲息している淡水性プランクトンです。 「クロレラ」は藻の一種で植物として分類されます。1つの細胞が1つの個体となる「単細胞生物」で、1つの大きさはヒトの赤血球の半分くらいの大きさしかありません。

名前の「クロレラ」はギリシア語の「クロロス(緑色の)」とラテン語の「エラ(小さいもの)」に由来しています。直径わずか10ミクロンという小さな体ですが、他の微小藻類食品と同様、「緑色の植物」であるクロレラはアミノ酸やビタミン、ミネラル、クロロフィルをたくさん含んでいます。

 クロレラは1890年、バイリングというオランダ人によって発見・命名されました。その後1919年にO.H.ワールブルクが、培養した淡水産のクロレラを光合成の研究に用いて以来、クロレラの豊富な栄養素にも注目が集まり、「栄養食品」としての研究が進みました。  カルシウムなどのミネラルを多く含むアルカリ食品であるため、アレルギー体質の改善に役立つといわれています。また、生理活性物質CGFが細胞の新陳代謝を盛んにするものです。

 血中タンパクのアルブミン値を上げ、白血球の数を上げる作用があることがわかりました。クロレラのC.G.F.(クロレラ・グロス・ファクター、動物体成長促進因子)は、がん予防やがん治療にも効果が期待されています。クロレラは身体の免疫機能を高めて、有害物質を解毒する作用があり、花粉症にも効果があると期待されています。クロレラの1日の摂取量は1〜3gです。


クロレラを購入するときのポイントは、以下の通りです。

・効果を決定づけている成分であるクロレラ成長因子の量が多い製品を選ぶ
・ビタミンやミネラル、クロレラ成長因子の量がはっきりと明記されている製品を選ぶ
・品質を保証しているか(ホームページなどで製造工程について書かれているか)

PR
【ポイント5倍対象商品】オリヒロ クロレラエキスCGF液 オリゴ配合 720ml
細胞壁破砕で消化 吸収をアップした八重山クロレラ(900粒)


【ポイント5倍対象商品】クロレラ粒 緑の幸 900粒

【ポイント5倍対象商品】クロレラ粒 緑の幸 900粒

価格:4,462円(税込、送料別)



        

 今や国民病とまで言われるほど患者が増えている「花粉症」ですが、日本で初めて花粉症が発見されたのは、以外に遅く約40年前の1961年、アメリカから渡ってきた外来種の植物・ブタクサの花粉だったといいます。
 また、スギ花粉症については、それから遅れること2年の1963年、日光で初めて報告されたのです。 ところが発見されるやいなや、あっという間に患者は急増し、1996年には、なんと日本人の10人に一人の割合である、1200万人いると言われているのです。





 
Copyright(C)2010 TAKAOSAN.INFO All Rights Reserved.