花粉症とは
花粉症のメカニズム
こころがまえ
予防対策
花粉症治療
鍼灸治療
つぼ治療
薬治療
外科的治療
ためしてみよう
花粉症グッズ
乳酸菌
凍頂烏龍茶
甜茶
アロマ
ハーブ
キムチ
バナジウム
コエンザイム
杉の葉茶
青汁
黒酢
緑茶
にがり
めかぶ
シジュウム
アガリクス
わさび
サジー
ポリフェノール
サプリメント
ノニジュース
プロポリス
シソの葉
花梨
塩の番茶
おろししょうが湯
どくだみ
クロレラ
はとむぎ茶
柿の葉茶
べにふうき
花粉症あれこれ
空気清浄機
花粉症対策本
花粉症対策ショップ

 「ためしてみよう 花粉症対策」は、毎年この季節が近づいてくると憂鬱になるあなたのために花粉症を徹底研究。その対策をご紹介します。




 一日中襲って来る「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ」・・・この4つの症状が頻繁に起こるようになったら要注意!最初は風邪の初期症状と勘違いしがちですが、四つの症状が重なる程、花粉症の可能性が高まります。

 花粉が、鼻のなかに吸い込まれると、アレルギーを起こす物質である抗原(アレルゲン)が花粉から溶け出してきます。この抗原と闘うために、人間は体内で抗体を作り出すのです。抗体は、抗原を捕まえるときに「ヒスタミン」などいくつかの物質を放出するので、これが神経を刺激して炎症を起こしてしまうのです。

 花粉症の主な症状は花粉によるアレルギー性鼻炎です。先ほども述べたように一般にはくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が現れます。また、急性アレルギー性結膜炎とも呼ばれる、目のかゆみや充血、涙などの症状も現れてきます。しかし、一番困るのは、花粉症になると鼻や目などが肉体的に苦痛なだけでなく、精神的にイライラしたり、気分が鬱になるなど、家族や周囲の人にも思わぬ影響を与えてしまうことなのです。





        

 今や国民病とまで言われるほど患者が増えている「花粉症」ですが、日本で初めて花粉症が発見されたのは、以外に遅く約40年前の1961年、アメリカから渡ってきた外来種の植物・ブタクサの花粉だったといいます。
 また、スギ花粉症については、それから遅れること2年の1963年、日光で初めて報告されたのです。 ところが発見されるやいなや、あっという間に患者は急増し、1996年には、なんと日本人の10人に一人の割合である、1200万人いると言われているのです。





 
Copyright(C)2010 TAKAOSAN.INFO All Rights Reserved.