花粉症とは
花粉症のメカニズム
こころがまえ
予防対策
花粉症治療
鍼灸治療
つぼ治療
薬治療
外科的治療
ためしてみよう
花粉症グッズ
乳酸菌
凍頂烏龍茶
甜茶
アロマ
ハーブ
キムチ
バナジウム
コエンザイム
杉の葉茶
青汁
黒酢
緑茶
にがり
めかぶ
シジュウム
アガリクス
わさび
サジー
ポリフェノール
サプリメント
ノニジュース
プロポリス
シソの葉
花梨
塩の番茶
おろししょうが湯
どくだみ
クロレラ
はとむぎ茶
柿の葉茶
べにふうき
花粉症あれこれ
空気清浄機
花粉症対策本
花粉症対策ショップ




 「ためしてみよう 花粉症対策」は、毎年この季節が近づいてくると憂鬱になるあなたのために花粉症を徹底研究。その対策をご紹介します。




鍼灸対策


 花粉症とはアレルギー反応の1つですが、急性の副鼻腔炎として治療する事により、目・鼻の症状は抑えることが出来ると考えられているようです。いうなれば、耳鼻科のレーザー治療と同じです。西洋医学ではアレルギーの一種としてとらえますが、中国医学では別の考え方をします。

 中国医学では季節を考慮して治療しますが、春は発陳といい、太陽の陽気が強くなってきますので、植物が芽吹きはじめ、冬眠していた動物が動きだす季節とされています。人間とても同じで、寒い冬にちぢこまっていたからだの活動性が、増してくる時期でもあります。陽気が増えてくるとからだの活動性を高める情報が、人間に反応を起こさせます。ところが春という活動性が増す時期になって、からだが活動性を高めるように指令をだすのに、疲弊したからだがそれについていかないと、いろいろ体調不良を起こします。花粉症もそのひとつというのです。

鼻と胃の関係

 さて、漢方によると鼻と胃は密接な関係にあるといいます。 様々な原因により、胃に負担がかかった場合、人体は、大切な胃を守るために、先ず最初に胃以外の場所に病変や皮膚上の変化を現して胃を護ろうとします。 通常、花粉症の場合、胃の変調の自覚はほとんど無い事が多いようですが、実際は胃を守るために、鼻や足三里、内関、胃兪といったツボに変化が現れます。

 従って、胃を丈夫にし、正常なの働きを促す事により花粉症を軽減及び治癒できると考えるのです。 鍼灸における治療法としては、これらのツボに鍼・灸・指圧などを加える事によりコリをほぐし、胃の変調を改善させ、鼻の症状を起こりにくくさせます。
 
鼻と肺・脾臓の関係

 また、花粉症は肺や脾臓の機能が落ちて(気虚体質)起こると考えます。さらに症状が進むと腎虚と言って腎臓の働きが弱ります。肺は蓄痰の臓器で弱ると痰が溜まりやすくなり、鼻水や透明の痰が多くなります。脾臓は生痰の臓器で弱ると肺の症状をよけいに悪くします。脾臓は冷たい物、甘い物、脂っこい物の摂りすぎでその働きを損ねます。腎臓は先天の元気と言って生まれ持った体力を蓄えています。水に関係する臓器なので、やはり冷えは禁物です。過労や睡眠不足は腎虚になり、乾燥の状態に身体が陥りやすくなり発症すると考えます。

 鍼灸治療は、このような考え方に沿って自律神経の働きを調整し、免疫力を高めることから、症状を和らげたり、薬の量を減らすことが期待できます。アレルギー体質は、遺伝子が関与しているので、変えることはできませんが、予防と体調を整えることで、症状をある程度和らげることは可能とされています。

対症療法

 また、花粉症に対する鍼灸治療は、対症治療として眼窩周辺、鼻根部周辺、顔面神経根部、頚部交感神経に対して行います、そして根治治療は免疫系のアンバランス是正を目的とした全身治療を行います。

 花粉症に対する鍼灸治療は、症状の有無、軽重に関係なく一年を通じて行うのが一般的です。花粉が飛んでいる間は対症療法として症状緩和を目的とした治療を行い、飛び終わった後は体質改善による根治を目指した治療を行います。 漢方治療もそうですが、鍼灸治療も、花粉症の時期が終わっても続けることが最大の秘訣です。長期間の治療を続けることで花粉症の体質を変えていくのです。

 東洋医学では、その体質を根本的に改善する事を目的とする治療で、徐々に症状が取れていき、1年後、2年後気がついたら症状が改善してる様になってきます。花粉症もアトピー同様短期間で治そうとするのは無理です。あまり早急に進めては強い副作用が出る虞があります。東洋医学では、全身治療で徐々に改善していきますので、肩こりや冷え性・生理痛等お体の不調も同時に改善されていきます。

PR
あきらめていた鼻炎、花粉症の不快感スッキリ!送料無料!超お得!大人気商品!!鼻スッキリク...




        

 今や国民病とまで言われるほど患者が増えている「花粉症」ですが、日本で初めて花粉症が発見されたのは、以外に遅く約40年前の1961年、アメリカから渡ってきた外来種の植物・ブタクサの花粉だったといいます。
 また、スギ花粉症については、それから遅れること2年の1963年、日光で初めて報告されたのです。 ところが発見されるやいなや、あっという間に患者は急増し、1996年には、なんと日本人の10人に一人の割合である、1200万人いると言われているのです。





 
Copyright(C)2010 TAKAOSAN.INFO All Rights Reserved.