高尾観光案内


  

八王子城を歩く

 
 「城の日」の2006年4月6日、財団法人・日本城郭協会(杉並区)が選定する「日本百名城」に八王子城(八王子市)が選ばれ、このほど同協会から市に認定証が贈呈された。市は今後、来訪者用の駐車場を整備するなどして、名城のPRを進めていきたいとしている。

 八王子城は、現在の同市元八王子地区に十六世紀後半、北条氏照が築城した山城。標高466メートルの山を有効に生かした戦国時代の山城である。武蔵地域で勢力を誇っていた北条氏の最大の支城で、一五九〇(天正十八)年六月、天下統一を目指す豊臣秀吉の命を受けた前田利家と上杉景勝らの軍に一日で攻め落とされ、小田原開城のきっかけとなり、豊臣秀吉の天下統一への大きな足がかりとなった。

 「日本100名城」は、優れた文化財や著名な歴史の舞台であることなどを基準に同協会が選定。姫路城、熊本城などが選ばれた。都内では八王子城のほかに、江戸城も選ばれている。同協会は、百城を巡ってもらうスタンプラリーなどのイベントを予定している。

 





八王子城の造り


 
 八王子城は、戦国時代の代表的な山城です。城山は本丸、松本曲輪(くるわ)、小宮曲輪、御主殿曲輪などを持つ城山と城山川の流れる谷を隔てた東の太鼓曲に大別できます。規模は広大で城全体の利用計画も複雑、築城にはかなりの年月をかけたと思われます。

 また、間宮若狭守綱信は、天正8年(1580)に安土城の織田信長を北条氏照の使者として訪問している記録が残っており、このことは八王子城が、安土城をモデルとして築城されたのではという説もある。氏照は、この強固な八王子城の完成をまって移転するこころづもりであったろうが、結果的に八王子城は、未完成のまま天正18年に落城を迎えることになる。

 さて、八王子城の個々の造りや仕掛けにつき見てみよう。
輪木製とはいえ長さ32メートル、幅4メートルの「引く橋」。引く橋というのは、もともと敵が攻めてきた時はずせるようになっていました。城内に引っ張りこめば、忍者も通れ ないというしろもの。橋げたは車輪付きで、車輪が並ぶところから「そろばん橋」とも呼 ばれたとか。橋のたもとの石垣もかなりの規模だ。優に5-6メートルはある。当時の関 東の城の石垣は大人の背たけから2.5メートルほどだった。

 戦国時代の城は、江戸以降 のような天守閣や見上げる高さの城壁はなかった。土を盛った壁・土塁と空堀をめぐらす作りだ。八王子城は天正10年(1582年)ころから、北条氏が織田、豊臣軍に備えて 築き始めた。標高470メートルの山頂を中心に、石垣や曲輪(くるわ)と呼ぶ平地、見張り台、やぐらなどを配置した堂々たる山城だった。これも再建された城門を入ると、「千畳敷」の広場がある。古文書では大規模な御殿があったとされ、発掘調査でも中国の磁器や茶器、武器が見つかった。

 しかし、まだ工事が続いていた天正18年6月23日未明 豊臣軍の上杉景勝、前田利家ら5万の兵が総攻撃をかけた。氏照や重臣らは小田原城にいて、留守部隊は妻子をふくめて数千人だったから、半日で落城してしまった。

司馬遼太郎 氏は『街道をゆく』の中で、豊臣軍を1万5000、城方は2000ほど、北条方の死者千余とし、「戦国期の戦闘としては惨烈な部類」と書いている。再建が始まり、毎月1万人の観光客が訪れる。発掘調査に従って、氏照がいた御守殿を4年計画で復元、家臣団の屋敷町に進む予定だ。全部を復元するなら最低20年はかかる、大事業です。

PR
ブックレット 6決戦!八王子城 直江兼続の見た名城の最期と北条氏照/前川實

揺籃社ブックレット 4八王子城 みる・きく・あるく/峰岸純夫

八王子城を歩く


 八王子城は、公園として整備されていますが、街中にある公園と思ってくると大変です。登山に来るつもりで、またその足回りと服装で来ることをお勧めします。
 JR高尾駅方面からくると、高尾街道をそのまま北へ進み、城山大橋前から左折、「八王子城跡入口」の交差点を、左折して、あとはひたすらまっすぐ進みます。すると整備された駐車場が見えてきます。

 駐車場で車を降りるとすぐに八王子城の管理棟に着きます。トイレも完備されていますのでここで済ませておきましょう。管理棟には八王子城の詳細なパンフレットや日本名城100のスタンプもありますので、ぜひここでもらっておきましょう。
 なお、管理棟でのパンフレット配布やトイレ・駐車場のご利用時間は午前8時30分から午後5時までです。また、トイレ・駐車場は年末年始(12月28日から1月3日)のご利用ができませんので注意しましょう。

 復元史跡のある御主殿跡に行くにはこの管理棟を左手に歩いて10分程度。八王子城の本丸跡に行くにはこの管理棟を右手に進み歩いて40分ほどです。

 アシダ曲輪から御主殿にかけてはいわゆる山麓居館跡で、よく整備されていて、ここならば登山靴でなくても見学できます。八王子市教育委員会の説明柱によれば、「あしだ曲輪とは、「慶安古図」に「アシダ蔵」とかかれています。二-三段の曲輪群からなり、館や倉庫があったと考えられています。落城時、近藤出羽守が守っていたといわれています。」とある

 御主殿付近の石垣は発掘後の復原ですが、関東の城には珍しい総石垣のつくりで、西国、織豊系城郭の影響を多分に受けているようです。





» ホームに戻る