防災Navi 忘れた頃に
Welcome, And Thank You For Your map.
Home 揃えるグッズ 防災を考える 役立つグッズ 防災最新情報
防災Navi
家具転倒防止 New
震災の死因の多くは、家具の転倒とも言われます。
非常用持ち出し袋
防災グッズをまとめて収納。すぐに持って出れる場所に
保存食・非常食
保存食は家族の人数分を3日間程度準備。
保存水・飲料水
一人一日3リットル程度が基準といわれています。

 皆さん、自宅に防災グッズや非常袋などが用意されていますか?

 もっとも厳密に言うと「防災」グッズなるものは存在しません。所詮、災害をグッズによって防ぎきれるものではないからです。
 またよく「各自で水と食料3日分の用意」と言われます。しかし災害において、水や食料不足はよく問題になりますが、実際に自分で水や食料を用意していなかったことで亡くなった方はいないでしょう。

 現在ではどこの自治体でも連携して災害対策はおこなっており、インフラが停止するような大災害が発生しても数日内に救援物資が届くのは間違いないところです。

 このことから、防災用品は、まず「実際に生命の危機に陥るリスクを軽減するもの」を揃え、次に自宅が損壊等に面した際に避難に使えるもの、また、避難が避難所などで長期に渡る場合に健康を維持するために必要なもの、そして最後に避難生活を少しでも快適にすごせるようにするものの順で用意することが重要なのです。

防災用品・避難用品の揃え方 New
必要な防災用品とは何か、考えてみましょう。
正しい情報を New
非常用ラジオで災害時に正しい情報を入手しよう
預金通帳の紛失 New
免許証やパスポート、住所氏名が記載された何らかの許可証があれば払い出しも。
寝室にはスリッパの用意を
被災時には床面に割れた食器、照明器具、窓ガラス散乱。
常に水汲み替えの習慣を
ポリタンクで貯水しておけば断水した場合だけでなく、初期消火にも役立つ。
大量の帰宅困難者
徒歩で帰宅する人が大量に出ると、満員電車並みに混雑した道路を3時間以上歩く
照明はヘッドライト
屋内の様子を探るにはヘッドライトが余震や足場が悪い環境下でも対応可能。
木造家屋の倒壊
壁・柱の数に応じて家屋が一方方向へ変形し、重い瓦が支えきれない。



防災セットNew
非常持出袋に最低限必要な防災グッズを集めました。
保存食 New
保存食は家族の人数分を3日間程度準備。
保存水
一人一日3リットル程度が基準といわれています。
救急セット
応急処置に役立つ品をまとめました。
懐中電灯
小さくて軽いのにとても明るいのがいいですね。
ラジオ
感度のいい周波数を探して自動受信する機能も搭載
携帯・簡易トイレ
地震、災害、断水、停電などに役立つ緊急トイレです。
消火器
火災が起きた時、安全栓を引き抜き、レバーを握るだけ
防災ずきん・ヘルメット
防災頭巾用カバーとして、『座ぶとん』『背もたれ』両用に
毛布・寝袋
生地や布燃えにくくし、また燃え広がりにくくする加工
HOME揃えるグッズ防災を考える役立つグッズ 防災最新情報
Copyright(C) 2011 Takaosan.info All Rights Reserved.